ボタニーペインティング作品制作【沖縄SeaSpaceRoad様】①

ボタニーペインティング作品制作

ボタニーペインティングの講師・アーティストの認定講師になって約1年。

大きく動いた自分の人生の転機ともいえる1年間でした。

ボタニーペインティングのFAEBOOK広告をはじめてみた時から『虜』になってしまい、即刻通信講座を申し込み…。

4か月の受講期間中も蓮の葉や木のパネルなどの材料を購入していっぱい練習したのを覚えています。

そして4か月後、ボタニーペインティング通信講座は終了し、認定講師試験をオンライン受験しました。

オンラインということで不安もありましたが、自分の慣れた自宅でリラックスして作品制作を行ったのを昨日のことのように思い出します。

さて、今回はボタニーペインティングの認定講師になり約1年。

作品のご依頼いただいた【沖縄・SeaSpaceRoad様】へ納品し、6月末から展示予定の作品についてを書きたいと思います。

ボタニーペインティング作品『SeaSpaceRoad』

ボタニーペインティング製作途中

SeaSpaceRoad様からの依頼の作品は、色や構図などを考えてくださり、宿泊施設SeaSpaceRoadの北棟寝室に飾る大きなパネルでした。

わたしの頭の中に浮かぶのは、『海へと続く道…生い茂った濃い緑と暑い地域に咲く色鮮やかな花』。

鮮やかでもあり、ただし寝室に飾る作品とのことで落ち着くような少しグレイッシュなカラーを使用したい、そんなふうにオーナー様とやりとりと重ね…。

 

完成した作品を納品

1週間ほど前、完成した作品を納品いたしました。

梱包には充分に気を付けて、作品表面に間違っても割れが生じたり、梱包材が熱で張り付いたりすることがないように、などかなり厳重に梱包しました。

ボタニーペインティングは、表面をニスで仕上げるかUVレジンで封じ込める(最近はアクリルパネルをかぶせる)方法があります。

オーナー様はあまりギラギラと艶感があるのはお好きではないようでしたので、しっとりとニスで仕上げました。

それでも、マットな仕上がりと比べれば艶は出てしまいましたが、表面保護のためボタニーペインティングで販売している専用ニスを使用して仕上げを行いました。

 

 

作品の完成画像について

作品は制作途中経過もすべて撮影しておりますが、完成披露時のイメージをそのまま受け取っていただきたいので現状非公開とさせていただいています。

納品した作品が、実際に飾られ、ライトアップされるのがとても楽しみです。

掲示されましたらたくさんブログを書きたいと思います。

 

愛おしい作品『SeaSpaceRoad』。

お楽しみに。